学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームニュースシリーズ 学研の名作アルバム vol.1 ~『なぞなぞのすきな女の子』~ > 編集担当者に聞いた『なぞなぞのすきな女の子』の謎!

シリーズ 学研の名作アルバム vol.1 ~『なぞなぞのすきな女の子』~【名作アルバム】学研発のロングセラー作品や世の中にインパクトを与えた過去の作品の中から、定期的にピックアップして紹介するこのコーナー。記念すべき第1回目は、出版から40年を経た今もなおロングセラーとして愛されている幼年童話『なぞなぞのすきな女の子』をご紹介します。しかも、2月にはその姉妹版にあたる『じゃんけんのすきな女の子』が発売されたばかり! 著者の松岡享子さんに『なぞなぞのすきな女の子』『じゃんけんのすきな女の子』の創作について、お話をうかがいました。

【なぞなぞのすきな女の子とは】なぞなぞあそびの大好きな女の子とはらぺこのオオカミが、森でばったり出会いました。うまそうな女の子だぞと舌なめずりしたとたん、女の子になぞなぞを出されて、オオカミは大弱り。さあ、どんななぞなぞかな? なぞなぞがいっぱい出てくる楽しい幼年向童話で、1973年創刊以来、今日までに120刷を超えるロングセラー。

編集担当者に聞いた『なぞなぞのすきな女の子』の謎!

更新日:2013/4/22

学研で松岡先生の本の編集を担当する寺村もと子さんに、『なぞなぞのすきな女の子』がロングセラーである理由、また松岡先生の魅力について聞きました!

――『なぞなぞのすきな女の子』がここまでロングセラーになった理由はなんだと思いますか?

まず、「なぞなぞ遊びをまるごと楽しめるお話」で、本を読む喜びがちりばめられているからではないでしょうか。例えば、答えに悩む、こわいオオカミを、ときに笑いたくなったり、応援したくなったり、最後の女の子の機転に拍手を送りたくなったり、読者は、1冊の本の中で、終わりまでどきどきとわくわくを楽しめ、「あ~、おもしろかった」と本を閉じることができます。そして、絵もとても素敵です! 森のなか、女の子、動物たちがとてもかわいく、オオカミの間の抜けた顔や困り顔もとてもユニークです。

それと、読みつがれてきた原動力となっているのは、全国の図書館や文庫に関わる方々による、お話会や人形劇などの読書活動です。子どもの本に関わる大人の手によって、このお話が子どもたちにきちんと届けられたからこそ、長く長く読まれてきたのだと思います。本当にありがたいことだと思います。

―― 松岡先生から『じゃんけんの好きな女の子』の書きかけの原稿が見つかったとのご連絡をいただいた時は、どのような気持ちでしたか?

2012年5月の連休明け、予告なく、原稿が編集部に送られてきました! ただただ、びっくり! 読んで感激! まさに「お宝原稿」で心臓がばくばくしました!

――『なぞなぞ~』『じゃんけん~』、両方の作品を通して、松岡先生の魅力について教えてください。

松岡先生はいつでも誰にでも優しくて公平です。「お話を語る」こともとてもお上手で、いろいろな面ですごく尊敬しています。『なぞなぞのすきな女の子』や『じゃんけんのすきな女の子』に限らず、先生の書かれたお話や訳されたものは、どれも主人公がいきいきしています。お話の内容はユーモアのセンスが光っていて、どこかくすっと笑える、でもそれだけではなく、読み終えたあとに温かい気持ちが残ります。先生との日常のやりとりのなかにも、常々それらを感じます。

松岡先生の作品には、先生のお人柄そのものがぎゅーっと詰まっているのかもしれませんね。松岡先生の本作りに関わらせていただき、この上なく幸せです。本当にありがとうございます!

撮影/保坂洋也

松岡享子さんのプロフィール


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP