学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ウェブ連載コラム読書くらぶ > 「木村藤子という心がまえ」

ウェブ連載コラム

「木村藤子という心がまえ」

bookclub01-01 この本を読んでみてまず最初に思ったことは筆者の木村藤子さん自身が幸せに生きているということです。自分に自信を持ち生きることは幸せに生きるために重要なことではないかと感じました。

 内容については「家庭や職場などの身近な関係は、カルマを共有する修行仲間」という概念が興味深かったです。両親や職場の上司には一方的に教わる側だと認識している面がありました。しかしカルマを共有する修行仲間として捉えるとこちら側から相手のいいところ、悪いところを汲み取ることができ、自身またはお互いの成長に繋ぐことができるので考え方一つで世界が変わる、そんな気がしました。

 読む中で私は一つ気になることがありました。それは木村さんの若い人に対する印象です。

“例えば、若い女性がヒールの高いサイズ違いの靴を履いてバタバタと足を引きずるように歩く姿や、どぎついつけまつげにアイシャドーをするのが「カッコいい」と思っているのと同じです。”

“まるで自分も芸能人かモデルのようにお金をかけて派手に着飾っている人も増えているようで、なかには韓流スターのようなヘアースタイルをしている男性や、高級なバッグを片手に雑誌から飛び出してきたような奇抜な服装をしている女子中学生や高校生もたまに見かけます”

 この二つの引用に出てくる人達がそんな悪く言われるようなことはしていなのではと強い違和感を感じました。何か敵対心をもっているのかなと感じてしまいました。気になります。

 とはいえ自分に自信がある人の言葉には強い力を感じます。自信を持った人から出る極論に近い考えが詰まったこの本こそ人の心を動かすことができる、人を幸せにできるのではないでしょうか。

 

川村将貴/男性/10代

感想文を募集中!

本を読んだ感動を伝えたい!という方、オススメしたい本があるという方は、 応募フォームから、感想文を送ってください。

コメント欄に「読書くらぶ」と明記のうえ、下記のご記入をお願いします。
【1】読んだ本のタイトル
【2】著者名(翻訳本の場合は、翻訳者名も)
【3】発売元(出版社名)
【4】本の感想
送っていただいた感想文の中から、毎週1人、掲載させていただきます。

応募はこちら

更新日:2015/1/6

バックナンバー

作品紹介

『幸せになる人の心がけ・心がまえ』

幸せになるためには、まず自分自身の問題、欠点に気づいて直すことから始めなければなりません。本書は、人間関係、恋愛。暮らし方、生き方のパートごとに、幸せの道を歩みだすために必要な心がけ、心がまえについて、わかりやすく解きほぐします。
木村藤子・著
定価1,200円(+税)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP