学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ウェブ連載コラム読書くらぶ > うつろ屋軍師

ウェブ連載コラム

戦国時代に見つけた!ゆるキャラ“正吉”

cover_utsuroya戦国時代を生きていた人たちは、今の時代のように冗談を言い合ったりしていたのだろうか。学生時代に受けた日本史の授業から想像すると、彼らはいつも堅い話ばかりしているようなイメージがする。しかし、この本に出てくる人たちは想像よりも“ラフ”に話しているので、とても読みやすかったというのが率直な感想だ。

本書『うつろ軍師』は、戦国武将・織田信長に仕える丹羽長秀とその配下の江口正吉を描いたお話。この話の中心人物である正吉は、かなりの剣の腕前を持つ若い武士だ。想像力豊かな考え方を持っていて、周囲をあっと言わせるほど。しかし、想像がいきすぎて、まったく現実的でない話も時折みせる。そんな理由から「うつろ屋」なんて呼ばれていて、本書のタイトルにもなっている。

織田軍が敵陣に攻めあぐんでいた時、長秀や正吉たちは後援組として遠くからその様子を見ていた。正吉が思いついた作戦はとても現実味のないもの。しかし、それを後ろから聞いていた長秀は、正吉の案を褒め讃える。そこで、さらに別の案を正吉に提案したところ、正吉は一人で敵陣に乗り込むことに。その作戦が功を奏し、見事織田軍が戦いに勝利したのだ。

後援組なのに、一人で敵陣に乗り込むことは違反行為。しかし長秀は正吉に褒美を与える。そのことが他の人にバレてしまうと、長秀も立場的に大変なことに。それをわかりながら自分に褒美を与えてくれた長秀に、正吉は思わず涙を流してしまう。

正吉のキャラクターは、現代でいう「ゆるキャラ」な一面も持っているからか、親近感を持って本書を読むことができる。また、長秀とのやり取りもとても見物。こんな人間関係を自分の周りでもつくりたいと感じた。

たきおん/男性/20代

感想文を募集中!

本を読んだ感動を伝えたい!という方、オススメしたい本があるという方は、 応募フォームから、感想文を送ってください。

コメント欄に「読書くらぶ」と明記のうえ、下記のご記入をお願いします。
【1】読んだ本のタイトル
【2】著者名(翻訳本の場合は、翻訳者名も)
【3】発売元(出版社名)
【4】本の感想
送っていただいた感想文の中から、毎週1人、掲載させていただきます。

応募はこちら

更新日:2014/8/13

バックナンバー

作品紹介

うつろ屋軍師

清州会議で秀吉を支持した丹羽長秀。だが123万石の大大名になった時、丹羽家取り潰しの未来は決まってしまった!秀吉による4万石への大減封に空論で抗い、遂に理想を実現させた、新米家老・江口正吉と城郭マニアな若殿・長重による戦国最大の敗者復活劇!
簑輪 諒・著
定価1250円(+税)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP