学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームウェブ連載コラム峰なゆか(漫画家・文筆家)×道尾秀介(作家)対談 「Jam Session」第3回 >よく考えてみるとアラサーちゃんのキャラって、判りづらいんですよね。そこがドラマでは判りやすい感じになっていると思いました。(峰)

河瀨直美(映画作家))×道尾秀介(作家)対談  「Jam Session」

道尾さんが、イベントの最前列の席を取るため列に並ぶほどのファンでもある漫画家・峰なゆかさんが「Jam Session」第5回目のゲストです。今回のテーマ本『鏡の花』の話から、峰さんの『アラサーちゃん』へ、そして二人のキャラクター論、創作論が語られる濃厚な対談を、3回にわたってお送りします。

普段の人間関係の中の立ち入らないようなところとか、そういうものが克明に出ている感じを『月と蟹』からは受けました(河瀨)

更新日:2014/09/16

道尾:峰さん、ちょっと『アラサーちゃん』のタイトルの話してもいいですか? 4コママンガでタイトルがここまでおもしろいのって、これも初めてだったんですよね。たとえば「ああ空はこんなに青いのに」とか。まったく意味が分からないけどすごいおもしろいという(笑)。別のタイトルがもうありえないというくらい。これは元ネタは「スイミン不足」の歌詞ですか?(笑)

:そう。「スイミン不足」(アニメ『キテレツ』大百科のエンディングテーマ)の歌詞です。あの歌詞が大好きで。タイトルはだいたい描き終わってからつけてますね。思いつけば下書きの段階で入れていくんですけど、大体思いつかないので後から考えて入れてます。

道尾:タイトルを含めてひとつの作品になっているのもあるじゃないですか。

:はい、タイトルで意味を補足するパターンはありますね。ちょっと分かりづらいかなと思ったときなんかに。

道尾:僕の好きなのはハンドクリームの1コママンガでタイトルが「ボディショップのボディクリームもまだ使いきれていない」。タイトルじゃなくて説明というか、「P.S.」みたいな感じですよね(笑)。

:読者にとってのおまけ的な要素はできるだけ入れたいと思っていて。大衆くんのTシャツに彼の好きな物が書いてあるのもそういう理由なんですけど。なんか4コママンガのタイトルって、本当に意味のないものが多いじゃないですか? それだったら入れなくていいや、って思っていて。さっきの話の人物の洋服の描写みたいなものなんですよ。それで、書くならちゃんと意味のあるものにしようというのはあります。

道尾:それと、単行本の『アラサーちゃん』には登場人物たちの卒業文集から引用した体の扉絵が入っているじゃないですか。その内容のクオリティがすごいなと思っていて。架空の人物が中学生の時に書いた卒業文集、ありもしないものを再現しているのに、絶対これは本物でしょ、と思ってしまうような内容になっている。

:いやあ、うれしいなあ。

道尾:あの絵で『アラサーちゃん』の世界が2Dから3Dになるんですよ。あれは絶対雑誌で読んだ人も買いますよね。まあ、だから単行本がすごく売れてるんでしょうけど。

:いや、そんなには(笑)。

道尾:いえいえ、だってドラマにもなりましたし。あ、そういえば4コママンガって1本読むのに1分もかからないわけじゃないですか。それを15分ぐらいに伸ばしちゃうというのは原作者からするとどういう気分がするものか興味があったんですが。

:『アラサーちゃん』は、30分の番組の中にショートストーリーがたくさん入っているみたいな感じになっているんです。よく考えてみるとアラサーちゃんのキャラって、判りづらいんですよね。ゆるふわちゃんとかヤリマンちゃんは単独でキャラとしてはっきりしているんですけど、アラサーちゃんはそうではない。そこがドラマでは判りやすい感じになっていると思いました。なんていうか同人誌を見る感じですね。単純に嬉しい、って思います。

道尾:なるほど、分かりやすいですね。小説がドラマ化や映像化するのとは本当に逆なんですよね。小説って普通は、きちんと読んだ場合ですが、長編を読み終えるのに7~8時間はかかる。映画ではそれを2時間にする。それに対して『アラサーちゃん』の場合は、読むのに数十秒しかかからないものを30分にしているという。

:そうか。減らすのと増やすのとでは作業が全然変わってきますもんね。減らす方が自分のイメージと違うことがなさそうですね。それは考えたこともなかった。

道尾:あれですよね。むしろアニメ化よりも実写化の方がよかったですよね。アニメ化の方がキャラクター壊れそうなんですよね。

:確かに。近い方がイヤかもしれないですね。

道尾:ドラマ化じゃなくてドラマ版『アラサーちゃん』で、別個の同じおもしろさを持ったものが出来上がるでしょうから、楽しみです。

:実写も壇蜜さんがわざわざ髪の毛を紫に染められたりしたら、たぶんイヤだったかもしれないです。

作品紹介

峰なゆか×道尾秀介(作家)のプロフィール オフィシャルウェブサイトはこちら 峰なゆか 公式Twitter 道尾秀介 公式Twitter


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP