学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームウェブ連載コラム > 佐藤江梨子(女優)×道尾秀介(作家)対談 「Jam Session」

佐藤江梨子(女優)×道尾秀介(作家)対談  「Jam Session」

2004年『背の眼』でデビュー以来、『シャドウ』『龍神の雨』そして、直木賞受賞作『月と蟹』など、数多くの話題作を書き続けている道尾秀介さん。その道尾さんが毎回、自らの作品をテーマにゲストと語り合うこの対談。第2回目のゲストは女優の佐藤江梨子さん。小説もお書きになる佐藤さんとお話し頂く作品は『球体の蛇』。奇しくも本作の構想がまとまった場所「スノードーム博物館」で行なわれた話題豊富な対談を3回にわたってお送りします。

第1回 実は佐藤さん、僕より作家デビューが早いんですよね(道尾)

佐藤江梨子:私が初めて道尾さんのお名前を知ったのは、NHKの「トップランナー」で特集されていたときなんですけど、こんなイケメンの人が作家さんにいるんだ、って驚いたんですよ。ブログなんか見ても、意外にちゃんとしてそうだし。

道尾秀介:ぜんぜんそんなんじゃないです。でも「ちゃんとしてる」って、どんなひどいイメージだったんですか最初は(笑)。ところで、実は佐藤さん、僕より作家デビューが早いんですよね。『気遣い喫茶』(集英社)を出されたのは、十年前、二〇〇三年だから。

対談を見る

更新日:2013/10/10

第2回 実はここで『球体の蛇』を思いついたんですよ(道尾)

佐藤:タイトルを『球体の蛇』にしたのは、『星の王子さま』から採ったんですか? ちょっとお聞きしたかったんですけど、『蛇の卵』(R・A・ラファティ)という小説があるんです。それは読めば読むほど全然わかんなくなっていく本なんですよ。これ本も後半でどんどん謎が深まっていくような話なので、もしかするとそれを意識してつけたタイトルなのかな、と思ってんです。

道尾:ああ、その本は読んでないですね。ただ、なんなのか知りたくて本を読むんだけど、読んだらもっとわからなくなった、という話は大好きです。

対談を見る

更新日:2013/10/21

第3回 街になじむ、その場所になじむというのも、カメレオンじゃないですけど、役者さんには必要なことだと思うんです(佐藤)

道尾:実は僕、極端な閉所恐怖症なんですよ。満員電車乗れないですし。

佐藤:私、それは大丈夫ですね。逆に広すぎるほうが心配になります。「今日、ホテル、めっちゃ広いわあ」とか。ダブルベッドみたいなのをホテルで用意していただいたりすると、落ちるんじゃないか、ってところでしか寝なかったり(笑)。それを楽しんで寝てる、みたいな。ソファとかもうちのは無駄に広いのに、ちっちゃくなって座ってます。

対談を見る

更新日:2013/10/31

バックナンバー

作品紹介

佐藤江梨子(女優)×道尾秀介(作家)のプロフィール 佐藤江梨子写真集の購入はこちら 道尾秀介 公式Twitter

スノードーム美術館


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP