学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームウェブ連載コラム谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談 「Jam Session」第1回 > 第一話を書くときには登場人物たちの運命がどうなるかはまったくわからない(道尾)

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談  「Jam Session」

2004 年『背の眼』でデビュー以来、『シャドウ』『龍神の雨』そして、直木賞受賞作『月と蟹』など、数多くの話題作を書き続けている道尾秀介さん。その道尾さんが毎回、自らの作品をテーマにゲストと語り合うこの対談。第1回目のゲストは俳優の谷原章介さん。読書家としても知られる谷原さんと語って頂く作品は2012年の作品『ノエル』。物語とは何か、演じるとはどういうことか、そして、意外な共通の趣味まで─話題豊富の対談を全3回でお送りします。

第一話を書くときには登場人物たちの運命がどうなるかはまったくわからない(道尾)

更新日:2013/7/31

道尾秀介:谷原さんは以前、「王様のブランチ」で僕の『球体の蛇』をとりあげてくださいましたよね。しかもすごく気に入っていただいて、「谷原・オブ・ザ・イヤーです」なんて言ってくださって(笑)。

谷原章介:「王様のブランチ」で僕らがしゃべっていることは、本当に正直な思ったままのことなんですよね。

道尾:自分より人生経験があって、いろいろなお仕事をされて、たくさんの人と関わり合っている方におもしろいと言っていただくと、本当に嬉しいんです。たとえば書斎に籠もって大量の本を読んでいる方に作品を「分析」してもらうより嬉しいかもしれない。自分の小説は実人生と地続きじゃないといけないと思っているので、ふだん生身の人間と渡り合っている方の感想というのは励みになります。

谷原:こちらこそ、道尾さんの作品にはいつも力をもらっています。この『ノエル』という作品は、ちょっと世相的には慌しい中で読みました。僕自身が暗い気持ちだったのが、小説を読むことによってすっと背中を後押ししてもらいました。そういう僕の個人的な感想を措いても、本当に緻密によくできているなと。

道尾:ありがとうございます。

谷原:この作品では人と人のつながりの緻密さにも本当に感動しました。小説を読んでいて「これは出来すぎじゃないか」と思ってしまうと、ストーリーに対して醒めてしまうことがあるのですが『ノエル』はそういうわざとらしい部分がなく、ぴたりとはまって符号していて、本当にすべてがつながっているな、と。

道尾:第一話を書いているときには、第二話はまったく頭の中になかったんです。第二話を書いているときも第三話のことは考えていませんでした。登場人物たちの運命がどうなるかはまったくわからない、先々でどうつながっていくか僕自身も知らないという状況で書いていったんです。もし最初に設計図をきっちり引いてしまっていたら、もっと不自然な出来になっていたと思います。谷原さんがおっしゃるように、出来すぎた、予定調和のものになってしまっていたんじゃないかと。
 第一話「光の箱」では中学生時代の圭介と弥生がクリスマスの童話を書いています。その童話も、じつはもともと昔の僕が書いたものだったんです。でもなぜ書いたのかを憶えていなかった。その「なぜ」の部分に主人公たちの運命を託してみようという気持ちで、「光の箱」の一行目を書きました。最初から、そうやって一つの世界に新たな世界をつなげていくという発想で書き始めたものだったんです。

谷原:いつもそういうスタイルで書かれるんですか?

道尾:連作小説はそうですね。長篇の場合は全体像を考えますけど、それでも書き始めの時点ではラストシーンがなんとなく浮かんでる程度です。書いているうちに、そのラストシーンがどんどんはっきりしてはくるのですが。

谷原:長篇とくらべて、短い中で一つの物語を着地させるのって、独特の難しさというものがやはりあるんですか?

道尾:短篇は使う言葉が長篇より少ないですから、たった一文字、たった一行、間違ったことを書くだけで全体が崩れてしまいます。そこは本当に気を遣います。

作品紹介

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)のプロフィール


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP