学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームウェブ連載コラム谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談 「Jam Session」第2回 > だんだん自分のしゃべっている言葉に脳が騙されていくような感じはあるんですよ(谷原)

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談  「Jam Session」

2004 年『背の眼』でデビュー以来、『シャドウ』『龍神の雨』そして、直木賞受賞作『月と蟹』など、数多くの話題作を書き続けている道尾秀介さん。その道尾さんが毎回、自らの作品をテーマにゲストと語り合うこの対談。第1回目のゲストは俳優の谷原章介さん。読書家としても知られる谷原さんと語って頂く作品は2012年の作品『ノエル』。物語とは何か、演じるとはどういうことか、そして、意外な共通の趣味まで─話題豊富の対談を全3回でお送りします。

だんだん自分のしゃべっている言葉に脳が騙されていくような感じはあるんですよ(谷原)

更新日:2013/8/7

谷原:僕の役者という仕事だと、自分のところまで来たときにもうストーリーは出来上がっていて、自分の意見は反映されづらいです。設定はこっちのほうがいいんじゃないかと思ったとしても、出来上がってるものを変えるのはルール違反ですから。
 僕らは、言ってしまえば最初にストーリーを読む視聴者に近いのではないでしょうか。だから道尾さんのようにストーリーを作る人の話を聞いてると無性に羨ましいです。

道尾:演じてる人にストーリーも作られちゃったら、我々はやることがなくなってしまいます(笑)。

谷原:たとえば映像化で、自分がつくったストーリーがこんな設定になっちゃってるとか、そういうのは気になる方ですか?

道尾:完全に別物だと思ってるので、僕自身は映像化という言葉自体も使わないようにしてるんです。映像化というより、映像版ですよね。もともと「絶対に映像化できないこと」を自分の作品の条件にしていますから、「映像化」できるものなら僕がいちばん見てみたいです(笑)。でも自分の作品の映像版は、いつも純粋に楽しんで見させていただいています。

谷原:なるほど。

道尾:そうだ、ちょっとお訊ねしたかったんです。以前、お酒の席で小林亜星さんにお聞きしたんですが、亜星さんがドラマで寺内貫太郎(※)を演じられるとき、もともとはまったく違う性格だったそうなんですよ。でも、ずっと演じていたら、自分の性格が貫太郎みたいになったとおっしゃっていて。そういうことはよく起きるものなんですか?

谷原:いろいろな方がいらっしゃるとは思うんですよ。現場に入る瞬間にオン・オフの切り替えをする方もいらっしゃいますし、千差万別ですね。ただ、役をしているときに引っぱられることはよくあります。なりきろう、なりきろうとやっていると、だんだん自分のしゃべっている言葉に脳が騙されていくような感じはあります。

道尾:僕はもちろん役者の経験はないので、自分が思ったこと以外を口にしたことが一度もないんです。自分以外の人が自分の口から何かをしゃべるわけですから、役者さんの中ではすごく不思議なことが起きてるんですね。

谷原:そうなんです。親からも「あの一言はないよ」って言われることがあるんですけど、それは台詞だし(笑)。僕らは生活していく上で、親と会ったり、恋人とあったり、というそれぞれの場合で仮面をかぶるというか、相手に影響されて自分が微妙に変化するじゃないですか。役者ではないですけど、道尾さんも他の人も少しずつ演じ分けるっていうのをやってると思うんです。

道尾:そうですね。そういうアドリブ演技をまじえながら毎日を生きているのかもしれませんね。

※寺内貫太郎:1974年にTBS系列で放映されたドラマ『寺内貫太郎一家』の主人公。東京の下町で三代続く石屋 「寺内石材店」の主人で頑固親父。短気ですぐに手が出て、ちゃぶ台をひっくり返す。

作品紹介

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)のプロフィール


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP