学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホームウェブ連載コラム谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談 「Jam Session」第3回 > なんか悔しいんですよね。「三島とか芥川とかは全然いけるのに、なぜ太宰だけ」って(谷原)

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)対談  「Jam Session」

2004 年『背の眼』でデビュー以来、『シャドウ』『龍神の雨』そして、直木賞受賞作『月と蟹』など、数多くの話題作を書き続けている道尾秀介さん。その道尾さんが毎回、自らの作品をテーマにゲストと語り合うこの対談。第1回目のゲストは俳優の谷原章介さん。読書家としても知られる谷原さんと語って頂く作品は2012年の作品『ノエル』。物語とは何か、演じるとはどういうことか、そして、意外な共通の趣味まで─話題豊富の対談を全3回でお送りします。

なんか悔しいんですよね。「三島とか芥川とかは全然いけるのに、なぜ太宰だけ」って(谷原)

更新日:2013/8/20

谷原:以前「王様のブランチ」で書斎を紹介させていただいたとき、太宰治の本をとり上げられて「この文章がどれだけ美しいのか」みたいなことを語られていたじゃないですか。僕は、実は太宰って毎回挫折するんです。それを観た時に、もう一回挑戦しようと思ったんですが……また挫折してしまって(笑)。お恥ずかしい話ですが。

道尾:でも良い小説ってそういうものだと思うんです。合う合わないがあって、人によって0点か100点かというものが名作なのだと思いますし、僕もそういうものが書きたくて作家をやっています。だから逆に太宰が合わないというのは、谷原さんがその作品としっかり対峙して読んでいるという証拠なんじゃないでしょうか。

谷原:もうそれがコンプレックスで、いつか克服してやろうと。でも考えてみると、読書って克服するものでもないですよね。

道尾:太宰治って、読書好きの方じゃないと普通に読めてしまうんです。語り口が柔らかいし。でもその中に隠されたいろいろなものが見えてしまうと、急に好き嫌いが出ちゃうんですよ。

谷原:いつかまた挑戦してみます(笑)。僕は時間があると、時代小説を手にとるんですが、あれは現実逃避にピッタリじゃないですか。時代ものになった瞬間に、自分が知らない、今よりも素敵であろうころの日本に思いを馳せてしまうので、いろんな矛盾とかを抜きに楽しめるんです。
でも現代ものの小説だと、そうではなくて現実と地続きになっているところが欲しくなるんですね。僕が道尾さんの作品にすっと入っていけるのは、たぶんそこが綺麗に地続きになっていて、なおかつ自分の中にカタルシスを掻き立ててくれるからなんだろうと思います。なかなかそういう小説ってないんですよ。

道尾:ありがとうございます。

谷原:「王様のブランチ」をやらせて頂いて良かったと思うのは「自分ひとりだったら絶対手にとらないだろうな」というような小説を読むことがあって、自分の読書の幅が広がっていくことがあるんですね。以前だったら、絶対翻訳物のミステリーなんて読まなかったですから。
ジェフリー・ディーヴァー(※14)なんて、すごく技巧的な小説ですよね。伏線を張ってひっくり返して、というところに「ほら来た!」みたいな驚きがあって、こっちも伏線の先を当てにいくみたいな、それまではしなかったいやらしい読み方をするようになって。そういう広がりが出てきたんですよ。だからいつか太宰も……。

道尾:いや、もういいんじゃないですか(笑)。

谷原:なんか悔しいんですよね。「三島とか芥川とかは全然いけるのに、なぜ太宰だけ」って。太宰を読むとため息がでてくるんですよね。

道尾:小説って身体に入ってくるものなので、好き嫌いはありますよ。食べ物の好き嫌いと一緒だと思うんですよね。

谷原:ちっちゃいころは食べられなかった塩辛が大人になったらうまくなるみたいな感じで、いつかは僕も太宰と仲良く出来る日が来るのかなあ。

※14 ジェフリー・ディーヴァー:作家。1950年アメリカ・イリノイ州生まれ。主な著作に『ボーン・コレクター』『スリーピング・ドール』『追撃の森』などがある。

作品紹介

谷原章介(俳優)×道尾秀介(作家)のプロフィール


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP