学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション中谷彰宏『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』セレクション > 失敗のスピードの速い人が、 成功のスピードも速い。

ベストセレクション

失敗のスピードの速い人が、
成功のスピードも速い。

 仕事が遅い人は、基本がおろそかになっています。
 基本とは、仕事をスピーディーにするためのものです。
 20代が忙しいのは、基本を叩き込む時代だからです。
 量をこなさないと、スピードはアップしません。
 スピードを上げるコツは、まず「大変だな。これ、まともにやったら24時間かかるぞ。寝る時間がなくなる」という量をこなすことです。
 その人が、3倍の生産性を獲得して3分の1の8時間でできるように、24時間の仕事を与えられるのです。
「寝る時間を捻出するためには、どうしたら速くできるか」というのが基本です。
 数学に公式があるのは、公式に当てはめると速いからです。
 足し算だけでゴリゴリ計算していると、ムチャクチャ時間がかかります。
 方程式にほうり込むと、一瞬で答えが出ます。
 そのために、方程式を覚えるのです。
 方程式が、仕事の基本なのです。
 銀行の窓口を見ていると、圧倒的な個人差があります。
 速い人は、ムチャクチャ速いです。
 スーパーのレジ打ちも、人によって5倍ぐらいスピードが違います。

 仕事が遅いとしたら、基本が入っていないのです。
 仕事量が多いと感じる時は、「この仕事量は基本を叩き込むためにある」と考えればいいのです。
 基本が入っている人なら、その量を多いとは感じません。
 多いと感じている間は、基本がまだ入っていないのです。
 まずは、基本を叩き込むことです。

 ある時、僕がよく行くお好み焼屋さんのレジで、店主の妹から「お兄ちゃんが、自分は焼くのが遅いと悩んでいる」と相談されました。
 実際は、焼くのが超速いのです。
 そういう人ほど、自分のスピードに悩みます。
「仕事量が多い」と言っている人に限って、「私は速いです」と言います。
 遅いことに、気づいていないからです。
「自分は速くない」と感じている人のほうが、速いのです。
「自分はできています」と言う人は、実は一番遅いのです。

nakatani201702-7

 

 

 

 

(※この連載は、毎週木曜日・全8回掲載予定です。最終回の次回は、3月30日掲載予定です。)

 

更新日:2017/3/23

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。 91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

作品紹介

なぜ あの人は2時間早く帰れるのか

超速で仕事を終わらせる習慣63

なぜ2時間_付き物_初やってもやっても仕事が終わらない。いつも仕事に追いかけられている。そんな悩みを解決する「超速で仕事を終わらせるコツ」。
定価:1300円+税/学研プラス

gakken_link_btn


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP