学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション中谷彰宏『頑張らない人は、うまくいく。』セレクション > リスペクトがあることは、頑張らなくても、淡々とできる。

ベストセレクション

リスペクトがあることは、
頑張らなくても、淡々とできる。

 間違った頑張りの人には、リスペクトがありません。
 正しい頑張りの人には、リスペクトがあります。
 リスペクトがあると、頑張らなくても淡々とできます。
 
 習いごとは、自分が習っている先生にリスペクトがあると、「よし、今日も頑張ってお稽古に行くぞ」とは思いません。
「今日もあの先生のところにお稽古に行ってまいります」と、淡々と行くだけです。
 先生へのリスペクトがない人は、「技を身につけてうまくなりたいけれども、今日も行かなくちゃいけないのか。頑張らねば。ヨイコラショ」と行きます。
 先生へのリスペクトで動いている人は、「すごい尊敬している先生だから、お会いするだけでもいい。気持ちがすがすがしくなる、こんな人がいるんだ」という気持ちで、淡々とできるのです。
「頑張らないと会いたいと思わない」というのは、先生へのリスペクトで動いていません。
「正しい頑張り」と「間違った頑張り」の違いは、リスペクトがあるかないかが分かれ目になります。
 
 仕事や上司に対してリスペクトがある人は、頑張らなくても仕事ができます。
 仕事や上司にリスペクトがない人は、頑張って仕事をする必要があります。
 リスペクトがない分、別のエネルギーをブオンブオンとふかすのです。
 リスペクトは、引力があります。
 リスペクトがあることは、フワーッと浮き上がる感じで、吸い寄せられるようにできます。
 そこにエネルギーのふかしは必要ありません。
 どんなことも、ムダな力を使うより、リスペクトで吸い寄せられるようにすることが大切なのです。

nakatani201801-8

更新日:2018/3/5

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。 91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

作品紹介

頑張らない人は、うまくいく。

自分の成長を楽しむ57の方法

nakatani_cover_201801大人気の中谷彰宏「うまくいくシリーズ」。「頑張り方」を変えるだけで、仕事も、人間関係も、恋愛も、楽しめる方法を伝授。
定価:1300円+税/学研プラス

gakken_link_btn


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP