学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション潮凪洋介『「逆境」が男を育てる』セレクション > どんな失敗も逆境も、すべては起こった瞬間に「過去」になる。

ベストセレクション

どんな失敗も逆境も、
すべては起こった瞬間に「過去」になる。

 嫌なことがあったり、落ち込むことがあったり、失敗したりすると、そのことだけに気持ちを奪われてしまい、生活のその他のことが目に入らなくなる。
 しかし肝心なことを忘れてはいけない。
 生活は回っていて、あなたと関わる人も動いていて、物事も同時並行ですべて進行している。エネルギーは躍動し、すべての物事は変化している。
 それなのに「落ち込んだショック」という小さな「点」に自分を縛りつけ、自分の動きを止めてしまってはいけない。
 この状態がつらいのは、当たり前のこと。あなたはエネルギーを失い、疲弊する。
 それはなぜか? その状態は、まるで「川の流れ」のなかで必死に「岩」にしがみついて、その岩に執着する行為と同等だからである。
 これでは人生はますます苦しくなる。
 あなたは本来、この川の流れのなかでどう泳ぎ、どう人生を表現するか、どう命のエネルギーを燃やすかを、考えなければならない。
 それなのに、流れに逆らい、必死に岩にこだわり、動きを止める。体力も気力も消耗し、ただ無駄に苦しむ。
 人生は流れに乗り、変化する流れに対応し、それを楽しむ川下りのようなものだ。
 移り変わる景色を楽しむ行為である。
「すべては変わりゆく」
 その真理に逆らってはいけない。逆らえば不健全な状態が訪れる。
 時間は流れている。森羅万象のエネルギーも躍動している。それにもかかわらず「最悪な状態」に自分の意識を縛りつけるという「不毛な行為」から抜けられない。
「悪い状態のまま、ずっとつづくのではないか?」
 そんな錯覚が私たちを苦しめる。
 しかし実際は、最悪な状態は起こった瞬間に過去のものとなる。
 川の流れだって同じだ。大きな岩にぶつかって砕けた瞬間に、川の水は次の流れをはじめる。ここで岩にぶつかったことを悔み、この岩にしがみつき「どうしてぶつかったんだ?」とは悔やまないのだ。
 流れていれば、海に辿りつくまで「岩」にはぶつかりつづける。しかし、ぶつかってもぶつかっても、流れつづける。この川の流れのように、流れつづけること、それが本来の「生きる」ということだ。
 ぶつかってしまった「岩」にこだわって、自分を縛りつけるなど、そもそも不自然な行為なのである。
 あなたが必死で過去にしがみつき、悩もうと、あなた以外の森羅万象は、無情にも動きつづける。あなたが起こした失敗も呑み込みながら、動きつづける。
 その事件すらも、やがて呑み込まれて消える。
 嫌なことが起きたとき、失敗してしまったとき、「すべては変わりゆく」と、心を諭すことが賢明だ。
 起こった瞬間に、すべては「過去」になる。近い過去も、いずれは遠い過去になる。
 そして、遠い過去は、人々の記憶からも消えるのである。

sionagi0804

更新日:2015/8/25

バックナンバー

プロフィール

潮凪洋介 (しおなぎ ようすけ)

エッセイスト・講演家・イベントプロデューサー。株式会社ハートランド代表取締役。早稲田大学卒。「好きなことに挑戦して輝く学校」自由人生塾を主宰。自分らしい生き方の発見と自己実現をサポート。
個人個人に合った「人生づくり」の具体的なアドバイスを日々実施している。
シリーズ累計20万部突破のベストセラー『もう「いい人」になるのはやめなさい!』(KADOKAWA)、『「バカになれる男」の魅力』(三笠書房)、『仕事に殺されないアナザーパラダイスの見つけ方』(フォレスト出版)、『お金に殺されない人が大切にしている40のこと』(総合法令出版)ほか、著書多数。

■自由人生塾メルマガ(無料)
■好きなことに挑戦して輝く学校「自由人生塾」
■著者養成・文化人養成・出版学校  潮凪道場

作品紹介

「逆境」が男を育てる
”番狂わせ”の人生大逆転術54

Print「逆境」は人生を巻き返すため天が与えてくれた絶好のチャンス。今までの人生を振り返り、新しい自分に生まれ変わるヒント満載!
本体1,300円+税/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP