学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション曽田照子『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66 』セレクション > 『かわいそうに』 注意度★★★☆☆

ベストセレクション

『かわいそうに』
注意度★★★☆☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残念ながら受験に失敗…親もがっかりですが
本人が落ち込んでいるので「かわいそうに」と
声をかけてなぐさめています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ 困難を自分の力で乗り越える練習。

 誰だって「自分はなんてかわいそうなんだろう」と、みじめな気持ちになることがありますよね。人は誰でも、ときには落ち込んだり悲しみに沈んだりします。

 そんなとき、私たちは自分を弱いと感じます。
 そして、そういうマイナスな感情がないのが「強さ」だと思いがちです。
 でも、本当の強さは、マイナス感情を持ちながらでもがんばることなのです。
 たとえて言えば、負けない強さではなく、負けても立ち直る強さ。いくら倒れても、泣きながらでも、立ちあがる力、それが本当の強さなんじゃないかなと思うのです。
 自分のことを「かわいそう」と思っていると、人はますますみじめな気持ちになり、本当の強さからどんどん遠ざかってしまいます。
 困難にぶつかって子どもが落ち込んでいるときは「自分の力で立ち直る練習をしている」と考えるといいそうです。
 赤ちゃんのときに何度も転んで歩き方を覚えたように、何度も落ち込んで、立ち直り方を覚えるのだそうです。
「ピンチはチャンス」という言葉もあります。落ち込んだ後は大きく伸びるもの。なぐさめや同情より「あなたなら大丈夫」と信頼しながら、見守ってあげるといいんですね。

 世の中から悲惨な運命や不幸、悲しみはなくなりません。本当にかわいそうな境遇の子どももいます。でも同情から「かわいそうに」と軽々しく言いたくないと私は思うのです。
 何があっても、やっぱり太陽は昇るし、明日はやってきます。「生きていれば、きっと楽しいことがあるよ!」と、顔を未来に向けさせることが、子どもより少しだけ長く生きている大人の役目だと思うのです。

soda_matome04

更新日:2014/12/25

バックナンバー

プロフィール

曽田 照子 (そだ てるこ)

千葉県出身、東洋大学文学部卒業。広告制作プロダクションでコピーライター経験後、フリーライターとして独立。現在は3人の娘の子育て経験を生かした書籍を執筆している。著書に「お母さん、ガミガミ言わないで! 子どもが勉強のやる気をなくす55の言葉」(学研パブリッシング)、「『お母さんの愛情不足が原因』と言われたときに読む本」(中経出版)などがある。

プロフィール

速水 えり (はやみ えり)

かわいいイラスト、ハウツーもののイラスト、子ども向けのイラストなどを中心に創作。男女3人の子育ての日々をコマ漫画にしたりと、子育てをエンジョイ中。

作品紹介

ママ、言わないで!
子どもが自信を失う言葉66

soda_coverつい、わが子に言ってしまうキツイ一言…。へっちゃらなようで子供はしっかりヘコんでます。そんな時の「いい方法」を教えます!
¥1,300(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP