学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション上地一美『直感で人生をよりよい方向へ動かす』セレクション > 魂が道を作ってくれる

ベストセレクション

魂が道を作ってくれる

 直感は、誰にでも備わっている本能。自分の身を守りながら、人生をよりよい方向へと向かわせるものです。
 では、自分を守るために働いている直感が、日々、訴えてくるものを、いかに私たちは、よりよい人生を作ることに役立てたらいいでしょうか。

 人生に困難はつきものですが、すべてはよい方向に向かっている、そう思うことができれば、困難にともなう苦しみも、だいぶ軽減されることでしょう。
 難しい局面にあるときほど、魂の存在を感じてほしいと思います。
 たとえば、何かが噛み合っていない感じがして、心のざわつきが収まらない。そんなときは、魂が「今のままではダメかもしれないよ」と伝えてきているのかもしれない、と考えてみてください。
 その心のざわつきを無理に押さえこもうとせず、忘れてしまいもせず、あくまでもニュートラルな意識で、今の状況を見つめてみること。
 こういうと難しく感じるかもしれませんが、一つ深呼吸をして、自分の心のなか、そして周囲を見渡してみましょう。
 すると、「あっ、本当はこうしたいんだ」「こうなったらいいんだ」というイメージが、ポンと浮かぶことがあると思います。
 それは、魂が、その決断を下すように促しているということ。心のざわつきがつづいたら、何かを「決めてしまう」ことが、道を開く場合も多いのです。

 魂が決断を促したということは、当然、そのあとの道も用意されています。
 行動するのは自分であり、決断を下すのも、あくまでも自分です。でも、その行動を起こせば、魂が道を作ってくれるのです。
 一度でも大きな決断をしたことのある人ならわかると思いますが、ひとたび決めてしまうと、視野がバンと広がり、想像力や思考力が一気に高まります。
 まるで見えないスイッチがカチッと入ったかのように感じますが、それも魂が次々と道を作ってくれているサインなのです。
 決断には、いつだって勇気が必要です。その決断と引き換えに何かを失う可能性を考えて、ちょっと不安にもなるでしょう。
 でも、ずっとつづく心のざわつきは、「そろそろ前進しようよ」という魂のメッセージです。人生のシナリオに書かれている「いい流れ」に乗るチャンスなんだ、と思えたらいいですね。
 自分で結果を出そうと焦らず、自分のすべきことだけを意識してください。あとは魂が導いてくれると信じて……。

人生のシナリオを書き換える

 人はみな、それぞれ異なった体質を持って生まれてくるように、それぞれ人生のシナリオを書いて生まれてきています。
 いってみれば、生き方のクセが「お腹」に刷り込まれている、という感じです。
 ただ、「人生にはシナリオがある」と言うと、すべてが決定されているように思われがちですが、そうではありません。
 家を買ったあとにも、家具を入れ替えたり、建て増しをしたり、古くなったところを修理したりと、いろいろと調整を加えますよね。
 それと同様、まず人生の土台となるシナリオがあり、そこに生活環境や家庭環境、さらには自分自身の選択や決断など、後天的な影響が重なって、人生が形作られていくのです。
 魂が書いた人生のシナリオは下書き、あるいは大まかな「あらすじ」のようなものであり、最終的に人生を決定付けるのは自分自身の思考や行動です。魂が書いた下書きを、少しずつ書き換えながら、完成させていくというイメージです。

 一概には言えませんが、シナリオを書き換えるタイミングは、小さくは3年ごと、大きくは9年ごとに訪れます。
「ホップ、ステップ、ジャンプ!」というように、小さな変化が3年ごとに起こったすえに、大きな変化が訪れることが多いのです。
 人生をドライブにたとえれば、「ホップ」の3年間は、車のエンジンを休ませる時期。ひとしきり走ったら少し休息が必要になりますね。スローダウンしたり、ドライブインに寄って車から降り、体を伸ばし、景色を眺めたりしたくなります。それと同じく、人生も少しスローダウンしましょう。
 これは、来た道を振り返ったり、これからのことを考えたり、心身のメンテナンスをしたりしながら人生の設計図を見直す時期。9年というタイムスパンのなかでは、もっとも自分自身の心の声、体の声に耳を傾けてください。
 そこで、自分はこのまま進んでいいのか、あるいは別の道を選ぶべきかと、心に忠実な決断が求められます。
 恋愛だったら別れの危機、もしくは結婚。仕事だったら大きなピンチや、大きなチャンスなど、転職、転居と何かしら転機が訪れる場合が多いのです。
 そこで決断を下したら、次に来る「ステップ」の3年間は、静かにアクセルを踏みこむように、景色を楽しみながらゆっくり進んでいきましょう。先の決断によって書き換えられたシナリオに沿って、慎重に進んで行くイメージです。
 その3年間が過ぎたころ……、「ジャンプ!」のとき。大きなチャンスが訪れます。
 恋愛なら、魂が引き寄せる出会い、結婚、新しい命の誕生かもしれませんし、仕事なら一段上の成功かもしれません。何にせよ、人生がいったん成就するようなことが起こります。この3年間は、もっとも魂が躍動し、直感が敏感になります。

 さて、この9年めのビッグチャンスも、最初の3年間の心身のメンテナンス、人生設計の見直し、そして決断がなければ成し得ません。
 仕事で昇進したり、栄転の話を持ちかけられたりなど、たいていのチャンスにはプレッシャーがつきものです。
 自信がなくて、なかなか思い切れないかもしれませんが、魂が準備してくれたチャンスです。まずは挑戦してみるといいでしょう。
 このように、人生のシナリオは、みずから書き換えていくもの。直感に従ってひとつ決断するごとに、魂がさらに新たな道を作っていってくれます。

更新日:2016/10/26

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

上地 一美 (うえち かずみ)

沖縄県宮古島市出身。霊能者。フジテレビ系「金曜日のキセキ」にレギュラー出演をし、未来が見える「未来鑑定士」として評判となり、1万通を超える相談内容が寄せられる。現在は沖縄県宮古島で個人鑑定を行なっているが、常に3ヶ月先まで予約が取れない状況。著書に『未来への階段』(主婦と生活社)、『直感をみがいて幸せになる』『幸せを一気に引き寄せる 直感のみがき方・使い方』(学研プラス)がある。

作品紹介

直感で人生をよりよい方向へ動かす
あなたを見守っている魂からのメッセージ

ueti_cover_201610ふりかかる困難に負けない強い心をつくり、人生を豊かで充実したものにするための直感の使い方をていねいに紹介。
定価:1,300円+税/学研プラス


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP