学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション浜田真実『9割の人が知らないプロの常識で説得力のある声をつくる』セレクション > 自分の声の違和感の正体を探る① ノドの周辺の問題

ベストセレクション

自分の声の違和感の正体を探る①
ノドの周辺の問題

 声にコンプレックスを感じたことはないし、コミュニケーションにトラブルがあったわけでもない。でも、「なんとなく、自分の声に違和感がある」という人がいます。
 また、問題はないけれど、「私の声は、これで良いのかな」と、漠然とした不安を感じている人もいます。しかし、満足はしていなくても現時点で生活に支障はないので、とりあえず様子を見ようという保留の状態です。大多数の人は、この「なんとなく」を抱えたまま日々を過ごしているのではないでしょうか?
 その違和感の正体を探ってみましょう。

●声が出しにくい・ノドが詰まったように感じられる・声がかれやすい

 声を出すときに無意識にノドの周辺に力を入れ、息を絞り出すようにして発声しています。「声を出すときは、力が必要」という思い込みもあります。力を抜いて発声すると「物足りない気がする」「届いていない気がする」ようです。大きな声は出せるので、問題意識は薄いのですが、ノドがとても疲れやすく頻繁に声がかれてしまいます。

➡対処方法
 首の後ろを手でさわると、首と胴体の境目あたりに、ポコッとした膨らみがあります。それが首の骨の一番下、第七頸けい椎ついです。そのひとつ上が第六頸椎。その両脇あたりの筋肉が硬く凝って緊張していると、声がれが起こりやすくなります。
夏場のクーラーで冷えても硬くなるので注意しましょう。スカーフなどで首を保温し、入浴中に温かいタオルで温めるのも効果があります。首の後ろだけでなく、肩、胸、背中、つまり上半身の筋肉が凝っても呼吸が浅くなり、ノドが詰まったような感じになりますので、マッサージや簡単なストレッチなどで筋肉の緊張を取りましょう(実践方法は『9割の人が知らないプロの常識で説得力のある声をつくる』83ページ以降を参照)。

(※この連載は毎週木曜日・全8回掲載予定です。次回は、8月24日掲載予定です。)

更新日:2017/8/17

バックナンバー

プロフィール

浜田 真実 (はまだ まみ)

ボイスバランストレーナー。マミィズボイススタイル主宰。
歌と朗読と言葉をつむぐ・まほろカンパニー代表。
勝新太郎氏主宰の「勝アカデミー」、TBS「緑山塾」などの俳優養成所を経て、テレビ、舞台、映画などに出演。1987年、シャンソン、カンツォーネを中心にしたレパートリーで歌手デビュー。東京都内のライブハウス、銀巴里、渋谷ジァンジァンなどにレギュラー出演する。2004年、心と身体をつなぐ総合ボイストレーニングクラス「マミィズボイススタイル」をオープン。呼吸法・心理学・歌・朗読・ダンスなどを取り入れた独自のボイストレーニングプログラムを考案。「ボイスバランスメイキング」「ケアボイスワーク」と名付けられたメソッドは、コミュニケーションと声を自由にし、心と身体を豊かに育むと、教育機関・ビジネス研修・福祉施設のデイケアプログラム・セミナー・講演などでも高い評価を得ている。

■マミィズボイススタイル
http://koetokokyu.com/
■まほろカンパニー
http://mahoro.jp.net/

作品紹介

9割の人が知らないプロの常識で説得力のある声をつくる
コミュニケーションに自信がつく自然な発声と話し方のコツ

hamada_cover_obi201708声のプロは耳と目を上手に使って発声しています。少し勇気とプロのコツで声を磨き、声をコミュニケーションの武器にしましょう。
定価:1,400円+税/学研プラス

gakken_link_btn


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP