学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション恋川純弥『斎藤一人 良縁 成功する人の縁のつかみ方』セレクション > 斎藤一人さんという“良縁”

ベストセレクション

斎藤一人さんという“良縁”

こんにちは。恋川純弥(こいかわじゅんや)と申します。フリーランスで全国各地を飛び回る、大衆演劇の役者をしています。

2017年4月某日。

ぼくの前に「斎藤一人」という〝良縁〞が、突然現れました。

この日のことを、ぼくは今でもはっきり覚えています。

その日、ぼくはいつものように、舞踊ショーの準備をしていました。

化粧をし、女形(おんながた)の着物に着替え、準備が整うまで開演を待ちます。

今日は、どんなお客さんが来てくださっているのだろう?

ぼくは開演前の、この緊張感がなんとも言えずに好きなのです。

ところが、いつもと違い、朝からなにか不思議な感じがして胸が高鳴るのです。

今日はいったいどうしたんだろう? そんな気持ちに何度も見舞われました。

「恋川純弥、『夢ざくら』特別復興支援公演を開演いたします!」

開演のコールとともに、幕が上がります。

音楽が流れ、いつもと違う不思議な感覚に戸惑いながらも1曲踊り終え、舞台袖にはけると、待っていた弟子の夢翔(ゆうと)に言いました。

「なんかおかしな感じがするんだ。いやな感じではないんだけれど、今までに味わったことがない不思議な感覚……。なんなのかな?」

「どんな感じなんですか?」

「同業者が来ているときみたいな感じなんだ。すごく見られているような気がするんだけれど、いやな感じではない。それに、自分に大きな力を送ってくれているような、そんなパワーを感じるんだ。あれはなんだろう?」

次の衣装に着替えるほんのわずかな合間に、弟子とひと言ふた言交わしたぼくは、また舞台に出て行きました。

舞台の上でいつも通りに舞いながら、ふとパワーを感じるあたりを見てみると、そこには紳士が座っていました。あとからわかったことですが、その紳士こそが、斎藤一人さんだったのです。

ぼくには、生まれる前に「今世では、舞踊をする」ことを決めてきたという自覚があります。そのときに観てほしいと思った人に出会えたのかもしれない。

踊っているあいだ中、そんなことを考えていたぼくは、前世と今世が入り混じったよう不思議な感覚に包まれていました。まるで何者かに体を動かされているような、そして、生まれる前からこの舞を知っていたような、懐かしくて愛おしい、不思議な感じに満たされていたのです。

今、自分は、たくさんのみなさんの「縁」に支えられて、この場所で踊ることができている……。

そう思った瞬間、ある確信が芽生えました。

ぼくは、舞を通して、数ある良縁を結ぶために生まれてきたのに違いない、と。

ぼくはこの日、一人さんに出会ったことをきっかけに、今までの自分の来し方や、つないできた縁をあらためて振り返る機会に恵まれました。その中にはたくさんの学びがありました。

これらの縁の、どれ1つ欠けても今の自分はいない。

そんなことに気づかされたのです。

この本を読んでいるあなたの人生の中にも、たくさんの縁が紡がれていることでしょう。そして、自分が出会ってきた縁にどんな意味があったのか、と考えることがあるかもしれません。

しかしぼくは、その意味をいろいろ考えたり、探したりするより、その縁を通して、学んだり、慈しんだり、楽しむことの大切さを一人さんに教えてもらいました。

縁を悪縁にすることも、良縁にすることもできるのは自分自身。

この本(注・『斎藤一人 良縁 成功する人の縁のつかみ方』)には、つながった縁を良縁にする方法、良縁を引き寄せる方法、そして、ぼく・恋川純弥という1人の役者の人生の物語を書きました。

この本が、手に取ってくれたあなたの人生の物語の一部になり、幸せになるお手伝いができればいいなと思っています。

(※この連載は、毎週月曜・全4回配信予定です。次回は5月28日配信予定です。)

更新日:2018/5/21

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

恋川 純弥 (こいかわ じゅんや)

大衆演劇界屈指の“芸達者”。21歳という若さで「桐龍座恋川劇団」の座長を務める。2011年に劇団を弟・二代目恋川純に譲ってフリーに。以降、「生きるパワースポット」として大衆演劇のみならず、さまざまな舞台で活躍する。

■アメブロ【恋川純弥とシゲ丸日記】
https://ameblo.jp/abcdefg-1234-0306

プロフィール

斎藤 一人 (さいとう ひとり)

実業家。「銀座まるかん」(日本漢方研究所)創業者。1993年以来、12年連続で全国高額納税者番付(総合)10位以内にただ1人ランクインし、2003年には、累計納税額で日本一になる。
土地売却や株式公開などによる高額納税者が多い中、納税額がすべて事業所得によるものという異色の存在として注目される。著書多数。近著に『神様に喜ばれる人とお金のレッスン』(高津りえ共著)、『斎藤一人 大開運 人生を楽しむ仕組み』(千葉純一共著/以上学研)、『斎藤一人 品をあげる人がやっていること』(高津りえ共著)、『お金の真理』(以上サンマーク出版)、『絶対、よくなる!』(PHP研究所)などがある。

■さいとうひとり公式ブログ
http://saitou-hitori.jugem.jp/

作品紹介

斎藤一人 良縁
成功する人の縁のつかみ方

koikawajunya_cover全国累計納税額日本一の大実業家・斎藤一人が、大衆演劇界のプリンス恋川純弥に語った「縁」のつかみ方・切りかたの極意。
定価:本体1,300円+税/学研プラス

gakken_link_btn


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP