学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション森若幸次郎『ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?』セレクション > 超エリートだけが行ける ハーバードのエグゼクティブMBA

ベストセレクション

超エリートだけが行ける
ハーバードのエグゼクティブMBA

 日本では、数年前にNHKで有名なマイケル・サンデル教授の『ハーバード白熱教室』が放送されたこともあり、ハーバードといえば世界のエリートが議論を戦わせているというイメージをお持ちの人も少なくないでしょう。
 また、同大学の経営大学院であるハーバードビジネススクールも有名です。最近では、「破壊的イノベーション」というイノベーションモデルを提唱したクレイトン・クリステンセン教授の名前を知る人も増えています。
 ハーバードビジネススクールで学んだMBAホルダーの中には、日本のビジネスの第一線で活躍されている人がたくさんいます。著名なところでは、新浪剛史サントリーHD社長、三木谷浩史楽天会長兼社長、堀義人グロービス経営大学院学長、岩瀬大輔ライフネット生命社長兼COOなど、多士済々といったところです。
 このMBAと比較すると、エグゼクティブMBAという言葉は耳慣れない人が多いかもしれません。
 エグゼクティブMBAは、シニアエグゼクティブ(上級管理者)向けのプログラムです。簡単にいえば、MBAよりも高い視点から、管理者としてのスキルを学ぶための教育がなされます。
 特にハーバードビジネススクールではいわゆるエグゼクティブMBAの1コースとして、PLD(Program for Leadership Development )を力を入れてプロモーションしています。これは、ハーバードにしか存在しないプログラムであり、他大学のエグゼクティブMBAとは決定的に異なっています。

 ハーバードビジネススクールのホームページからPLDについて紹介している箇所を見ると、次のような文章がつづられています。
「世界の約束されたマネージャークラスを、次世代のパワフルリーダーにするためのコースがPLDである」
 つまり、PLDは、選ばれた超エリートだけが入学を許可される、世界一のリーダー養成機関であるということです。
 ここでは、ハーバードエグゼクティブMBA=PLDとした上で、本文中では「PLD」という呼称を用いながらお話ししていくつもりです。

更新日:2016/4/7

バックナンバー

プロフィール

森若幸次郎 (もりわか こうじろう)

株式会社シリコンバレーベンチャーズ 代表取締役社長CEO 
株式会社モリワカ 専務取締役CIO
実業家・イノベーションプロバイダー。
ハーバードビジネススクール/エグゼクティブMBA(PLD:Program for Leadership Development)を日本人最年少で修了し、スタンフォード大学経営大学院でM&A、シドニー大学で経営学を学ぶ。現在、国内外の企業20社以上の経営に従事。米国シリコンバレー、デンマーク、アジア諸国を中心に宇宙・医療・教育・芸術産業の活性化を推進し、各地でイノベーション創出を目的としたワークショップやリーダーシップセミナー等を開催している。

作品紹介

ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?

ハーバードビジネススクールの頂点「エグゼクティブMBA」の日本人・最年少修了者が「超一流のマインドセット」を大公開!
定価:本体1,300円+税/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP