学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション中谷彰宏『片づけられる人は、うまくいく。』セレクション > 片づいた部屋ではなく、 片づいた部屋にいる自分をイメージする。

ベストセレクション

片づいた部屋ではなく、
片づいた部屋にいる自分をイメージする。

 片づけは、「しなければならないこと」ではなく、「したくなること」です。
 片づけたいから、片づけるのです。
 頑張って、片づけるわけではありません。
「モテるためには部屋を片づけなければいけない」と思っているうちは、まだ生まれ変わっていないのです。
 僕が仕事をする時にありがたいなと思うのは、親が片づけ魔だったことです。
 父親も母親も年がら年中片づけていて、それが当たり前だと思っていました。
 親から受けたしつけは、勉強よりも片づけです。
 子どものしつけで大切なのは、勉強よりも片づけです。
 僕にとって、片づけは「マスト」ではありません。
 親がやっていることを日常生活の中で見ていたので、片づいていないと気持ち悪いのです。
 部屋が散らかっている人は、散らかっていても気持ち悪くありません。
 むしろ、片づいているほうが居心地が悪くなります。
 人に部屋を片づけられると、怒ります。
「片づいているほうが居心地のいい自分」と「散らかっているほうが居心地のいい自分」のどちらを選ぶかです。

 スタートラインは、散らかっている状態を「気持ち悪い」「居心地が悪い」と感じることです。
 片づけは、そのあとでいいのです。
 すべての人が、きれいな状態が好きなわけではありません。
 人間の習慣や慣れは、恐ろしいものです。
 散らかった部屋にいると、「散らかっているほうが居心地がいい」と感じ始めるのです。
 だから、わざと散らかします。
 会社でも、机の上が散らかっている人がいます。
 そのほうが、居心地がいいのです。
 左右に書類を積み上げて、隣の人から隠れる形になります。
 あれは巣づくりです。
 仕事をしていないことがバレないように、仕事をするふりをするために散らかしているのです。
 本当に仕事のできる人は、机が片づいているのです。

 部屋を片づけるのではなく、片づけた部屋にいる自分にするのです。
 部屋を変えるのではなく、自分の意識を変えるのです。

nakatani1-01

更新日:2015/1/1

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。 91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

作品紹介

片づけられる人は、
うまくいく。
人生を変える「捨てる」習慣65

katazuke片づけられる人は、仕事でも、恋愛でも、チャンスをつかむ。「捨てる」ことで、人生が変わる65の方法を紹介する。
¥1,300(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP