学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション中谷彰宏『片づけられる人は、うまくいく。』セレクション > 安いから買ったモノには、 愛がない。

ベストセレクション

安いから買ったモノには、
愛がない。

 家の中で増殖するのは、「安いから買ったモノ」です。
 消耗品なら、まだマシです。
 必要だから、好きだからという理由で買ったモノなら、いいのです。
 消耗しないモノで、安いからとりあえず買ったモノが家の中でかさばっているのです。
 そもそも、安いから買ったモノには、愛がありません。
 好きだから買ったモノには、愛があります。
 愛のあるモノは、範囲が限られます。
 すべてのモノを好きになるわけではありません。
 安いから買ったモノは、範囲が無限です。
 特にいらないモノ、それほど好きではないモノも、つい買ってしまうのです。

 デフレの時代になると、あらゆるモノが安くなっています。
 ひと昔前に高かったモノが安く売られていると、つい「買っておかないと」という気持ちになります。
 デフレを脱却して、いつか値段が上がるだろうと思っているのです。
 今は、980円でドレスを売っています。
 結局、その服は、ちゃんとしたところへは着て行けません。
 見た目は、ブランド品とたいして変わりません。
 買った時は、興奮度が高いです。
 それを、結婚式に着て行くとどうなるかということです。
 自分の中では、「980円」という値札が見えています。
 向こうで友達がこちらを見て笑っていると、「980円がバレたのではないか」と不安になります。
 買った時はお得感がありますが、着る時に自己肯定感が下がるのです。
 ひょっとしたら、仕事先の人に会ったり、恋愛の出会いがある可能性もあります。
 980円の服を着ていると、その人が向こうから来ても横道に入って逃げることになるのです。
 ここで、仕事ができるかできないか、恋愛が生まれるか生まれないかが分かれます。
 結果として、チャンスを失うのです。
 捨てるかどうかの判断基準は、それを着た時に自己肯定感が下がるか上がるかで決めます。
 自己肯定感が下がるモノは、捨てることです。

 ブランド品を着ると、自己肯定感が上がります。
 これが、ブランドの値打ちです。
 判断基準は、使える使えないとか、壊れている壊れていないということではないのです。
 安いモノは大量につくるので、原価を抑えられるのです。
 バーキンが5年待ちなのは、大量につくれないからです。
 安いモノを結婚式に着ていくと、必ず誰かとかぶります。
 相手も、ドキドキしています。
 お互いさまで、「980円同士」と分かち合います。
 この時、自分がそこそこの年齢で、相手が新入社員だったら、つらいです。
 稼ぎのある自分と稼ぎのない新入社員が、安い服でかぶってしまったのです。
 高いモノなら、別にかぶってもいいのです。
 安いモノがかぶるのは、最悪です。
 自己肯定感は、それをやっていて「よかったな」と思えること、「それをやっている自分が好き」ということなのです。
nakatani1-03

更新日:2015/1/15

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。 91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

作品紹介

片づけられる人は、
うまくいく。
人生を変える「捨てる」習慣65

katazuke片づけられる人は、仕事でも、恋愛でも、チャンスをつかむ。「捨てる」ことで、人生が変わる65の方法を紹介する。
¥1,300(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP