学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション中谷彰宏『嫌いな自分は、捨てなくていい。』セレクション > 「好きなこと」を探すのではない。 「それをしているのが好きな自分」を探すのだ。

ベストセレクション

「好きなこと」を探すのではない。
「それをしているのが好きな自分」を
探すのだ。

 「好きなことが見つからない」と言って、ウロウロ探しまわっている人がいます。
 原因は、2つあります。
 1つは、壁のないものを探しているからです。
 そういう人は、壁にぶつかるたびにやめてしまいます。
 もう1つは、「好きなこと」を探しているからです。
 軸がブレないためには、「好きなこと」より「それをしているのが好きな自分」を探したほうがいいのです。

 「それが好き」と「それをしている自分が好き」とは、同じことのようですが、違います。
 たとえば、お酒は好きでも、アルコール依存症の自分は嫌いです。
 高級ブランドが好きでも、買い物依存症の自分は嫌いです。
 ジムに通って体を鍛えるのは、しんどいです。
 「なんでこんなことをしなければいけないの」と思います。
 しんどいことをドMになってしている自分が好きだから、続けられるのです。
 マラソンも、走るのはしんどくても、走っている自分は好きです。
 恋愛では、これが多いのです。
 相手のことは、好きです。
 でも、嫌われないようにガマンして相手とつき合っている自分は、嫌いです。
 これは、「好きな自分」ではなく、「嫌いな自分」です。

 分身の考え方でいくと、「嫌いな自分」は捨てなくていいのです。
 大切なのは、「好きな自分」を増やすことです。
 何をしている時の自分が好きか、書き出してみます。
 その比率を、どんどん増やしていけばいいのです。

nakatani_matome_201604-4

 

 

 

更新日:2016/4/28

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

中谷 彰宏 (なかたに あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。 91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

作品紹介

嫌いな自分は、捨てなくていい。
メンタルを強くする67の方法

nakatani_kiraina仕事でも恋愛でも、メンタルが強い人がうまくいく。メンタルは生まれつきではなく、磨くことができる。メンタルを強くする方法。
定価:本体1,300円+税/学研プラス

 

gakken_link_btn


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP