学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション石原加受子『母と娘の「しんどい関係」を見直す本』セレクション > いちばん大切なのは「自分」です!

ベストセレクション

いちばん大切なのは「自分」です!

自分も他者も大切にできる「自分中心」の生き方

 前回のような「他者中心」の生き方とは反対に、自分の気持ちや感情を基準にして、自分を大事にする生き方を「自分中心」と呼んでいます。
 その特徴は、自分を核として物事を捉えることです。
「自分を守るためにどうするか、自分を傷つけないためにどうするか、自分を愛するためにどうするか」と考える生き方なのです。
 たとえば、もし母親が前記のように言葉巧みに娘をコントロールしようとしたときも、「自分中心」の娘であれば、
「お母さん、アドバイスありがとう。でも、私は、自分の力でやってみたいんだ。私が納得できるまで、やってみたいんだ」
 などと、はっきりと言うことができるでしょう。
 また、もし母親が前記のように、娘の「失敗」を、娘を支配するための道具に使ったとしても、それには乗らずに、
「私は、やってみてよかったと思ってるんだ。後悔はしていないよ」
 と、きっぱりと言うことができるでしょう。
 こんなふうに「自分中心」の視点に立ってはじめて、自分を大事にする場面、自分を愛する場面が具体的に見えてくるのです。

「自分を愛する」って、どういうこと?

 私が家庭の問題についてアドバイスをするとき、どんなに意を尽くして理解してもらおうとしても、それが相談者にうまく伝わらないことがあります。けれども、それは相談者の理解力が足りないからではありません。
 相談者の育った家庭環境が、一般的な家庭環境と極端に異なる場合、その家庭で見聞きした独自の「常識」が、自分の人生の基準になってしまいます。
 自分の家庭環境と他の家庭環境とを比較するチャンスがなければ、どこがどうおかしいのかということも、きっとピンとこないでしょう。
 たとえば、私たちは「愛」という言葉を知っています。だから、「自分を愛する」という言葉自体は、簡単に理解できるでしょう。
 けれども、言葉でそう言うことはできても、実際にどうすれば自分を愛することになるのか、さっぱりわからない人もいるでしょう。
 親が躾と称して子どもを叩いていれば、子どもは「叩かれること」も、愛情表情のひとつだと思い込んでいるかもしれません。いつも家庭で怒鳴られていれば、怒鳴られることも、愛情表現のひとつだと思うでしょう。
 自分を大事にしましょうと言葉で言ったとしても、家庭で、親から大事にされた経験がなければ、どうしたらいいかわからないでしょう。
 私が言いたい「自分を大事にする」ということの意味と、相談者が思う「自分を大事にする」ということの意味との隔たりが大きければ大きいほど、その意味は理解できなくなるはずです。
 どんなにその方法を伝えようとしても、言葉というのは、それほど頼りないものでもあるのです。

「実演」で見えてくる、自分の愛し方

 さて、ではどうすれば、自分を愛する方法が実感できるでしょうか。
 そんなとき私は、自分の気持ちを伝えるための言葉の使い方、コミュニケーションのとり方、また態度や表情などを、ひとり芝居で実演してみせることがあります。
 文字や理屈で伝えるよりも、実際に目の前で実演してみせたほうが、正確に伝わりやすいし、相手も納得できるからです。
 リアルで具体的な場面の中には、実にたくさんの情報が含まれています。
「愛する」という意味を伝えたいとき、言葉で愛の意味を説明するよりは、相手を抱きしめたほうが早いときもあるでしょう。
 相手が責めるような言い方をしたときでも、
「相手の否定的な言動に乗らないようにしましょう」
 と抽象的にアドバイスするよりは、自分の気持ちを表現してその場を去る方法を、具体的に実演してみせたほうが、はるかに納得がいくでしょう。

 次回、その方法を少しだけご紹介します。

更新日:2014/8/20

バックナンバー

プロフィール

石原 加受子 (いしはら かずこ)

心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱する心理相談研究所オールイズワン代表。日本カウンセリング学会会員、日本学校メンタルヘルス学会会員、日本ヒーリングリラクゼーション協会元理事、厚生労働省認定「健康・生きがいづくり」アドバイザー。思考・感情・五感・イメージ・呼吸・声などをトータルに捉えた独自の心理学をもとに、性格改善、対人関係、親子関係などのセミナー、グループ・ワーク、カウンセリングを25年近く続け、人間関係の改善につながる実践的なアドバイスを行っている。
「自分を愛し、自分を解放し、もっと楽に生きる」ことを目指す「自分中心心理学」は、年齢・性別を問わず多くの人々から支持を受けている。現在、無料メールマガジン『楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学』を好評配信中。著書に『仕事・人間関係「もう、限界!」と思ったとき読む本』(中経出版)、『「なりたい未来」を引き寄せる方法』(サンマーク出版)、『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』(すばる舎)ほか多数。

作品紹介

母と娘の「しんどい関係」を見直す本

cover母親と娘が抱えるストレスの原因を解きほぐし、親子ともに「新たな人生」を歩むための工夫を人気カウンセラーが提案する。
¥1,400(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP