学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション野口敏『一瞬で心をつかむ話し方』セレクション > 共通の話題は必ずある

ベストセレクション

共通の話題は必ずある

   話のきっかけとは難しいものだ。相手と初対面で、趣味も好みもわからないときなど、なにから話し始めればよいのか、わからない人も多いのではないだろうか。
 話し方の本を開いてみると、「共通の話題をまず見つけよう」とよく書いてある。
 だが、趣味と名のつくものでさえ無数にあるこの世の中で、「共通の話題」に行き当たるのは至難のワザだ。
 なかには得意先の心をつかむために、先方の趣味とあらば囲碁でも将棋でも苦心して習得すべし、などと書いてある本もある。だが、得意先が囲碁三段の腕前だったとしたら、追いつくのに何年かかるか知っているのだろうか。
 また、共通するものを見つけるためにわざとらしい手を使うのも、相手からすると見え透いていて、煩わしく感じることもある。
 研修で出会った営業マンは、顧客に女性が多いことから占星術の本を読み、「あなたはなに星人?」などとやって心をつかもうと必死だったが、あまりうまくいっていないとこぼしていた。わざとらしい手口は客にすぐ伝わり、売り込もうという気持ちが見えてしまう。
 同じ理由で、血液型もきっかけの話としては最低だ。
 だが、誰とでも、どこででも共通する話題は必ずある。それは「天気」と「カレンダー」だ。

「今日の午後は雨みたいですね」
「夜は雪になりそうですね」
「もう春なんですね」
「今日は金曜日ですね」
「もう師走ですね」
「今日は節分ですか」

 これならわざとらしくないし、なんと言っても互いに話題を共有することができる。こちらがそう話しかければ、向こうだって「そうですね」と返してくるだろう。
 こんなことなら誰でも知っているし、わざわざ教えてもらうほどのことでもない?
 いや、ここからが、この20年に私が会得したワザの出る番となる。

天気とカレンダーは
どんな相手とでも共有できる。
話のきっかけに活用しよう。

更新日:2014/9/12

バックナンバー

プロフィール

野口 敏 (のぐち さとし)

1959年熊本県生まれ。関西大学卒。
平成元年より、話し方教室TALK&トークを大阪、東京、名古屋で主宰。コミュニケーションを感情という観点から深く研究。「今日習った人が、今日少しうまくなる」がモットー。
温かくユーモアにあふれた指導が幅広い支持を得て、これまでに指導した生徒は5万人を超えている。
著書に『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』(スバル舎)、『一瞬で人に好かれる話し方』(学研パブリッシング)、『誰からも大切にされる女性の話し方』(経済界)など多数ある。

作品紹介

一瞬で心をつかむ話し方
「気持ち」を伝えて「信頼」を勝ち取る74のテクニック

cover会話は「言葉」のキャッチボールではなく「気持ち」のキャッチボール!5万人を話し上手にしたトップコーチの心を伝える会話術。
¥1,200(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP