学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション吉角裕一朗『まだ、都会で貧乏やってるの?』セレクション > 「田舎には仕事がない」と思っているあなたへ

ベストセレクション

「田舎には仕事がない」
と思っているあなたへ

『まだ、都会で貧乏やってるの?』 というタイトルを見て、
「ムカッ」ときた人もいるんじゃないでしょうか?

今、都会で暮らしているあなた。
本当におもしろく生きてますか?
毎日、充実してますか?
満足のいく給料、ちゃんともらってますか?

通勤ラッシュ。
過重なノルマ。
疲れて寝てばかりの休日。
そんな毎日を過ごしていませんか?
そんな生活に、疑問を感じたことはありませんか?

私に言わせれば、完全に思考が停止しているようにしか見えません。
先生から与えられたお題に対して、何の疑問も持たず、
ただひたすらに、がむしゃらに頑張る状態。
「頭の悪い優等生状態と言ったら、言い過ぎでしょうか。

もしも都会に住むあなたが、
今の生活に行き詰まっているなら、一度、
考え方を「逆」に振ってみてください。

いつまでも都会にしがみつくのではなく、田舎に目を向けてみる。
「都会が1番!」という固定観念を捨て、
「田舎、いいかも!」
という発想で物事を見てみる。
「都会でなきゃ、稼げないし……」から、
「田舎だって、稼げるのでは!?」
と考え方を変えてみる。

私の経験から言うと、稼ぎたいなら、「田舎」です。
なぜなら、都会で夢破れ、田舎に戻ってきた私なのに、田舎で起業したとたん……、
30歳そこそこで大ブレイクしてしまったから、です。

私は今から7年前、九州の熊本の片田舎で、
たった一人で会社を起こしましたが、
今ではその会社は年商5億円に成長し、
年収は1億円に到達しています。

私だけじゃありません。
周りを見渡してみれば、田舎にいながら、
都会以上にガッツリ稼いでる人はたくさんいます。

そして、その人たちは、
青い顔をして眉間にシワを寄せていません。
きちんと稼いで、きちんと休んで、おいしいものを食べて、
満面の笑顔で人生を謳歌しています。

だから私はつい、言いたくなってしまうんです。

まだ、都会で貧乏やってるの?

では、いったいなぜ、都会よりも田舎のほうが稼げるのか?
お教えしましょう。
理由は、次の3つです。

①田舎のほうが、都会よりも利益率が高いから
②田舎のほうが、簡単に1番になれるから
③田舎のほうが、邪魔が少ないから

詳しくは次回、お話しします。

更新日:2014/10/2

バックナンバー

プロフィール

吉角 裕一朗 (よしかど ゆういちろう)

株式会社吉角(旧社名:益城電池)代表取締役。
1982年、熊本県生まれ。高校時代に格闘技に目覚め、卒業と同時に上京し高田道場の門を叩く。30試合以上の経験を積むもケガで中断、悩んだ末に格闘家の夢を断念。その後、東京・高円寺で専門学校に通いつつバイト生活。パチスロにのめり込み100万円の借金を作るなど、荒れた生活を送る。
24歳で熊本に帰り、起業。自動車の再生バッテリーの通販事業を開始する。年商1億円を目指したものの、北京オリンピックの影響で肝心の中古バッテリーが入手できず、1年目の年商は10万円。2年目以降は売上が順調に伸び、会社設立7年目で年商5億円、自身の年収も1億円に到達。
現在は自動車用バッテリーの通販事業、蓄電システムや工事現場用バッテリーのレンタル事業などを経営する傍ら、ビジネスのフィールドを海外に拡張し、ベトナムを中心としたアジア各国、さらにはアメリカやヨーロッパと取引を開始。月の半分以上を海外で過ごしている。
また、地方の時代を牽引すべく、地元・熊本の若手起業家のリーダー役として勉強会、講演会などを主宰。「田舎起業」をテーマとした講演も実施中。
Facebook 熊本で年収1億稼ぐ 吉角裕一郎

作品紹介

まだ、都会で貧乏やってるの?
熊本で年収1億を稼ぐ32歳の「新しい働き方」

4054061087今、本当に頭のいい人は「田舎」で稼いでいる! 競争しないで、ラクに儲けて、楽しく暮らす「究極の働き方」を教えます!
¥1,350(税抜)/学研パブリッシング


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP