学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『たった2分で、怒りを乗り越える本。』セレクション > 怒りは、知性で逸らす。

ベストセレクション

怒りは、知性で逸らす。

相手から、はからずも怒りを買ってしまうことがある。
こんな時、相手の怒りを正面から受け止めてはいけない。
あなたにも怒りの感情が芽生えてくるからだ。
怒りと怒りのぶつかり合いで、泥仕合に発展しかねない。
泥仕合から生み出されるものは何もないから、
お互いの貴重な時間の無駄遣いだ。
相手が怒るのはコントロールしようがないとしても、
あなたまで一緒になって怒る必要はない。

怒りは正面から受け止めるのではなく、逸らすのだ。
ボクサーは相手からパンチを受ける瞬間、急所を数センチ、外そうとする。
相手の拳が頬や耳にかするだけなら御の字。
もし当たったとしても、急所を外すことで巧みに避けている。

怒りも、これと同じだ。
過剰に反応せず、かといって露骨に無視をするのでもなく、
最小限のエネルギーでヒットポイントを逸らすのだ。
「あなたのそこがダメ!」と怒られても、「お前だって……」と返さない。
「ああ、確かにその通りだ。ありがとう。ところで……」と、
受けたふりをして逸らすのだ。

周囲の知的な人たちを改めて観察すると、皆そうしていることがわかる。
怒りの逸らし方は、知的な人たちから無限に学べる。

senda_1104

更新日:2015/11/23

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

たった2分で、
怒りを乗り越える本。

senda_cover201511怒りは人間に必要な感情であり、怒っても恥じる必要などはない。怒りと上手に付き合い、ともに乗り越えていく方法を教えよう。
¥1,200(税抜)/学研プラス
(旧学研パブリッシング)


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP