学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『たった2分で、怒りを乗り越える本。』セレクション > ひと言多い同僚には、 力強く「なるほど」。

ベストセレクション

ひと言多い同僚には、
力強く「なるほど」。

どこにでもひと言多い人はいるものだ。
ひと言多い人に真剣に関わると、
周囲からはあなたも同じ穴のムジナに見えるから要注意だ。

ひと言多い人が職場にいたら、解決策は簡単だ。
「何ですって?」と応戦するのではなく、「なるほど」と頷くのだ。

ひと言多い人が、なぜひと言多いかといえば、さびしがり屋さんだからだ。
もっと構って欲しい、もっと話して欲しい、もっと自分の存在を認めて欲しい、
と心が飢えている状態だから、
相手がカチン!とくるひと言で関係を繋ぎ止めようとする。

さびしがり屋さんにまともに応戦しては、相手の思う壺になってしまう。
ちょっと冷たいくらいの顔で、「なるほど」と、一度だけ力強く頷けばいい。

コツは、“一度だけ力強く”という点だ。
遠慮がちに愛想笑いしながら言ったのでは、相手に隙を与えてしまう。
多少上から目線で、余裕のあるふりをするくらいでいいだろう。

「なるほど」というのは、イエスマンで相手に屈したことにはならない上に、
相手をちゃんと認めてあげたことになる魔法の言葉だ。
ひと言多いさびしがり屋さんも、これには太刀打ちできない。

 最後に、ひと言多い人は、根はいい人が多いよ。

senda_201512-02

更新日:2015/12/14

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

たった2分で、
怒りを乗り越える本。

senda_cover201511怒りは人間に必要な感情であり、怒っても恥じる必要などはない。怒りと上手に付き合い、ともに乗り越えていく方法を教えよう。
¥1,200(税抜)/学研プラス
(旧学研パブリッシング)


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP