学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『たった2分で、自分を磨く。』セレクション > 課されたノルマは、 自分で勝手に上方修正する。

ベストセレクション

課されたノルマは、
自分で勝手に上方修正する。

 ノルマを与えられると、どうしてあんなに苦しいのだろう。
 他人から強制されることを人はとても嫌うからだ。
 ノルマに限らず、他人から自分の目標を強制されるのは、牢獄に閉じ込められるようなものだからだ。
 とはいえ、ノルマが与えられるのは仕方がない。

独立して成功しない限り、
ノルマと無縁で暮らすのはほぼ不可能だ。

 では、ノルマとはどうやって付き合っていけばいいのだろうか。
 ノルマとどう付き合えば、牢獄に閉じ込められたことにならないだろうか。
 それは、自分でノルマを修正してしまうことだ。
 もちろん勝手にノルマの下方修正をすれば、即刻リストラ対象になってしまう。
 だが、上方修正なら誰からも文句を言われることはない。
 これは冗談で言っているのではなく、自分で上方修正したほうがノルマは楽しくなるのだ。
 今月100万の売上ノルマを与えられたとしたら、自分で勝手に200万や300万に上方修正してしまうのだ。
 100万のノルマを与えられて、バカ正直に100万を目指すから達成できないのだ。
 100万を目指しているということは、最大で100万ということだから、心の中では80万や90万でも仕方がないと勝手に下方修正しているのだ。

最初から200万や300万を
目指していれば、根本的に言動が変わる。

 試してみればわかるが、100万を目指すより200万を目指すほうが楽しい。

senda_matome_201604-4

 

 

更新日:2016/4/25

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

たった2分で、自分を磨く。
君の成長を加速させる63の言葉のアクセル

senda201603才能とは何か? 努力とは何か? 知性とは何か? プロ意識とは何か? カリスマ・千田琢哉が成長し続ける20代に贈る63の至言。
¥1,200(税抜)/学研プラス
(旧学研パブリッシング)


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP