学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?』セレクション > ナルシストは、 長期的な成功の必要条件。

ベストセレクション

ナルシストは、
長期的な成功の必要条件。

一般にナルシストとは、悪意のある言葉だ。
あなたもナルシストの人を見かけたら、「あの人、嫌な感じ」と思うだろう。
ところがナルシストというのは、長期的な成功者の必要条件なのだ。
あなたも成功者と打ち解けられる関係になれば、必ずその事実がわかる。
成金でない「長期的なお金持ち」相手の仕事に転職してお客様に気に入られるか、
お金を払ってでも、長期的な成功者の本音を教えてもらえる場に通うことだ。

長期的な成功者になるためには、
“自分大好き人間”であることが必要条件なのだ。

“自分大好き人間”でなければ、せっかく成功を掴んでも、成功は継続できない。
ごくたまに、強烈なコンプレックスをバネに成功した人がマスコミに登場する。
この人たちの共通点は、成功者でいられる期間が短いことだ。
せっかく、自分のコンプレックスを埋め合わせるため成功したのに、
コンプレックスは、成功したくらいではとても消えないのだ。
たとえば愛に飢えた女性が、それをバネに大富豪になったとしよう。
周囲に群がってくる男性は、かなりの確率でその女性のお金が目当てである。
いくら疑似モテ体験をしてみても、自分自身が本当に愛されているわけではない。
これは、女性なら本能でわかるものだ。
女性にとって、愛されることは人生のすべてなのに、こんなに虚しい人生はない。
あるいは学歴コンプレックスの男性が、それをバネに大富豪になったとしよう。
取り巻きの連中はお世辞を言ってくれるだろうが、
何かの拍子に学歴の話題になるたび、
その成功者には、コンプレックスがよみがえってくる。
だから、お金の力で世界中の大学から名誉博士号を買い漁るわけだが、
それだけ余計に、周囲から「学歴コンプレックスが強いな」と思われてしまう。
男性にとって「頭がいい」と評価されるのはモテる要素の1つなのに、
逆効果になってしまうとは何とも皮肉な話だ。
短期的な成功のためにはコンプレックスがとても有効だが、
長期的な成功のためにはコンプレックスは手かせ、足かせとなる。

コンプレックスを捨てるには、
好きなことを仕事にするか、仕事を好きになるしかない。

自分の好きなことで成功すると自分のことが好きになり、
結果として他人も愛せる。
そうなれば、あなたもめでたく立派なナルシストの一員である。

senda_201607-3

 

 

 

 

更新日:2016/7/19

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?
「成功する人」が持っている目標実現のスキル52

senda_cover_20160720代、30代のカリスマ千田琢哉が大手損保勤務、経営コンサルタント時代、ビジネスエリート3300人に学んだ「集中力」の磨き方。
定価:1,200円+税/学研プラス


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP