学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。』セレクション > 久しぶりの 長文メールより、 普段からの1行メール。

ベストセレクション

久しぶりの長文メールより、
普段からの1行メール。

仕事を速く進めるためには、自分だけが速くなっていてはいけない。
なぜなら、仕事とは、直接的、そして間接的な意味の両方で、
他人と関わりながら進めるものだからである。
たとえば、私がコンサルタント時代に、
プロジェクトのリーダーを務めていた時がそうだった。
私一人だけ単独で、いくら仕事が速くても、
チームメンバーの誰かが遅ければ、

結局、一番作業の遅い者に
全体のスピードを合わせなければならないのだ。

これは、現在の出版の仕事でも同じだ。
1冊の本を出すためには「著者」「編集者」「ライター」「校正者」「デザイナー」
「印刷会社」「取次会社」「書店」…と複数の人たちが関わっている。
誰かが一人でも足を引っ張ると、その時点ですべての人の仕事が滞ってしまう。
きっと、あなたの仕事もこれは同じだろう。
では、どうすればチーム全体のスピードを速くできるのかといえば、
コミュニケーションという潤滑油を活用するしかないのだ。
コミュニケーションと聞くと、
卓越した話術や幅広い教養などを連想する人がいるが、そうではない。

仕事におけるコミュニケーションで大切なのは、
やり取りの「長さ」ではなく、「頻度」なのだ。

久しぶりの長文メールより、普段から何気ない1行のメールをしているほうが、
少なくとも仕事上では、いいコミュニケーションを取っていることになる。
久しぶりに2時間話し込むよりも、
毎日言葉を交わしているほうが、少なくとも仕事上では、
いいコミュニケーションを取っていることになる。
この頻度により、細やかな情報が共有され、メンバー間の実力差も補完され、
チームの仕事が滞りなくスピーディーに進むようになるのだ。
一方で、コミュニケーションの頻度が少ない相手には用心したい。
仕事でもプライベートでも、久しぶりに声をかけてくる相手というのは、
あなたに会いたいのではなく、何かに利用する目的であることが多い。
「あれ、そんなに親しかったかな?」
という微妙な知人から久しぶりに声がかかってきたら、
「借金の依頼」や「保険商品のノルマ協力」など、
お金関係が目的だったという経験をした人もいるだろう。
仕事でも、久しぶりに声をかけてくる相手には、そこら中の取引先に嫌われて、
また戻ってきた“できない人”が圧倒的に多い。
潤滑油は切れてから差すのではなく、日頃からまめに差しておくことが大切なのだ。

senda_201710-7

(※この連載は、毎週月曜日・全8回掲載予定です。次回は11月27日掲載予定です。)

更新日:2017/11/20

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。

cover4c最速で最大の結果を叩き出し、「職場で一番先に帰る人」になるスキルとそのコツを、20代のカリスマ・千田琢哉が教えます!
定価:1,300円+税/学研プラス


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP