学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『生き残るための、独学。』セレクション > 《1》人生で大切なことを一つに絞れと言われたら、それは「独学力」である。

ベストセレクション

《1》人生で大切なことを
一つに絞れと言われたら、
それは「独学力」である。

私は勉強が好きだ。

東京・南青山の書斎に籠り、好きな勉強を好きなだけするという、

まさに勉強三昧の生活を送っている。

勉強の合間に、生業としている文筆業の執筆を粛々と行っている。

おかげさまで仕事のオファーは次々と舞い込み、

第1作執筆以降10年で、

著作数は約150冊、累計発行部数は280万部になる。

自分の興味の赴くままに、好きな勉強を楽しみ、

そして、その勉強で身につけた知恵と知識が新たな作品となり、

多くの人々のお役に立つ――。

私は毎日、ひとり書斎で勉強を続けながら、

こうして幸せな知恵の循環を享受しているのである。

ひとえに、独学の力と言えるだろう。

 

ところで、勉強の仕方について次のようにアドバイスする人たちがいる。

「何かを学びたければ、贅沢と思わずに立派な学校に通うべきだ」

「しかるべき専門家から直接教わらない勉強は邪道だ」

もし聞き手が納得しなければ、さらに次のような例まで挙げたりもする。

「あのゲーテも、独学での習得を非難しているように…」

独学の無意味さを声高に主張する人は、

主張する本人が高額セミナーの講師だったり、

お稽古事の先生を生業としていたり、ということが少なくない。

 

あなたは、そんな声を鵜呑みにしてはいないだろうか。

それで実際に成果が出ているならまだしも、

何年経っても変わらないのであれば、

あなたの貴重なお金と時間を無駄にしていることになる。

正直に告白すると、私もその「独学は邪道」という教えを健気に信じ、

その通りだと思っていた時期がある。

いや、正確には今でも、

しかるべき専門家に学ぶ姿勢自体は大切だと確信している。

だが、少なくともゲーテの時代と現代では、学習環境が大きく変わった。

それどころか、20世紀と今世紀を比べても環境はまるで違う。

 

私はこれまでに3000人以上のエグゼクティブ、

そして1万人以上のビジネスパーソンと対話を繰り返し、共に仕事をしてきた。

それらの経験を通して断言できるのは、次の事実だ。

 

「独学力は、人生で最大の武器である」

 

日々工夫を凝らし、自分なりの勉強法を編み出して学習を続ける人は、

これからの社会で極めて高い知的実力を発揮できるだろう。

前述した学習環境の変化の一例として、現代はわざわざ学校に通わなくても、

インターネットを通じていくらでも学べるようになった。

高額な授業料を払ったり、家と学校の間を毎日往復しなくてもいい。

それどころか、ネットの無料動画コンテンツのほうが、

より質の高い情報を提供してくれることも珍しくなくなった。

海外に留学もせず、書店に並んだ教材を駆使して独学で外国語をマスターし、

そのノウハウをネットの動画サービスで公開している人もいる。

「もしもあの時、学校に通わなくてよかったのなら、

その時間でもっと有意義な勉強ができたのに!」

これは私自身が痛感していることであり、

かつての同級生たちも、今になって異口同音に語っている。

たとえ実際に公言しなくても、本心でこう思っている人は多いはずだ。

 

さて、私は先ほど「専門家に学ぶ姿勢は大切だと確信している」と述べた。

私の本の読者には研究職に就いている人も多いため、あえてここで触れておくが、

研究者を目指して大学院で学ぶ際は、独学のみならず最小限の対面指導も必要だ。

これは私が大学時代に一次情報として教わり、今も通用すると考える事実である。

その理由は、あなたが今直面している事情に最適な参考文献や資料を、

その場でチョイスしてもらえる可能性が飛躍的に高まるからだ。

(研究設備という、自力では実現不可能な理科系特有のメリットは除いて考える)

もちろん対面指導を受けず、電話やメールでやりとりすることも不可能ではない。

だが、やはり常日頃から顔を突き合わせてコミュニケーションを取りつつ、

お互いが研究の進捗状況を正確に理解し合っているほうが、断然有利なのである。

この対面指導の重要性は、研究、文化、芸術、あるいはスポーツなど、

特定の技能を習得する世界に共通のものだと思う。

それでも私は、あえて言いたい。

研究、文化、芸術、スポーツの世界でも、対面指導の重要性は「1%」に過ぎない。

残りの「99%」は自らやり方を工夫し、

自分の力でとことん考え抜く「独学力」がモノを言うのだ。

一般的なビジネスパーソンであれば、

あらゆるケースで、独学によって人生を生き抜くことができる。

しかもその学習環境は、日々進化し続けている。

本当に、この時代に生まれてきた私たちは幸運なのだ。

独学を通じ、理想の人生を切り拓けるようになったこの時代に、深く感謝したい。

 (次回より、千田式「独学」の具体的な方法について、お伝えしていきます)

 

(※この連載は、毎週月曜日・全8回配信予定です。次回は、6月25日10:00配信予定です)

更新日:2018/6/18

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

生き残るための、独学。
20代から人生を逆転する49の学習改革

cover4c20代ビジネスパーソンのカリスマ・千田琢哉が、独学でゆるぎない教養と知的戦闘力身につけ、社会で生き残る方法を説く!
定価:1,300円+税/学研プラス


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP