学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション千田琢哉『人生を変える、お金の使い方。』セレクション > 《1》お金は、勉強と環境に使おう。

ベストセレクション

《1》お金は、勉強と環境に使おう。

私はこれまで、3000人以上のエグゼクティブ、

そして1万人以上のビジネスパーソンと対話を繰り返し、

彼らの仕事ぶりと、その後にどうやって成功を手に入れたかを観察してきた。

それらの経験を踏まえて、断言できることがある。

人生を大きく変えて飛躍した長期的な成功者たちは、

一人の例外もなく、お金を勉強と環境に使っていた。

 

それも惜しみなく、徹底的に使っていた。

もちろん成功の初期段階では、物欲が先走って、

高級品を買い漁ったり、豪邸を建てたりする人たちもたくさんいた。

そして物欲が満たされてしばらくすると、仕事そっちのけで、

株、先物取引、外貨や不動産などの投資にハマる姿も数多く目撃してきた。

そうして物欲に溺れ、投資でしくじった損失を取り返そうと躍起になっていた人は、

短期的な成功者として人生を終え、見るも無残に落ちぶれてしまった。

彼らの束の間の成功は、あらかじめ落ちぶれるため用意されていたかのようだった。

 

だがその一方で、長期的に成功している人たちは違った。

長期的な成功者は、成功して数年以内に、

不要な贅沢をしたり、無謀な投資にお金を使うことをやめて、

勉強と環境にお金を使い始めたのである。

ここでいう勉強とは、本業に関する専門分野はもちろんだが、

専門以外の教養全般を学ぶことも含まれている。

またここでいう環境とは、住環境はもちろんだが、

時間や人間関係といった環境の精度を高めていくことも含まれている。

 

もちろん、私も彼らを見習って、勉強と環境にはお金を惜しまなかった。

大学時代に作家の道を志した私は、在学中の4年間に1万冊の本を読破したが、

その購入費として1000万円の資金を投じた。

膨大な読書体験から深い教養が蓄積され、

それが創作の源泉となったことは言うまでもない。

卒業後、損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務という、

2つのサラリーマン時代を経て独立した私は、

東京・南青山の書斎という創作に最適の環境を手に入れて、

本格的に執筆を開始した。

第1作の執筆を開始してから10年が経ち、

おかげさまで現在、著作数は本書で157冊目となり、

累計発行部数は280万部を突破している。

すべて、私が20代から勉強と環境に資金を投じた結果だと考えている。

勉強こそが、人生最大の投資である。

そして、勉強が最高にはかどる環境を創り出すことが

できさえすれば、実力、時間、人脈、

さらには最も大切な愛情までも手に入り、

あなたの人生は最大化する。

 

最高の環境で大好きな勉強をしていると、

放っておいても、お金が無尽蔵に集まってくるのである。

これから、人生が最大化するお金の使い方について具体的に教えていこう。

それらを実践すれば、知識は最高の投資となり、お金に形を変えて、

まるでブーメランのようにあなたの元へ還ってくるだろう。

さあ、次はあなたの番だ。

 (※この連載は、毎週月曜日・全8回配信予定です。次回は、9月17日10:00頃配信予定です。)

更新日:2018/9/10

バックナンバー

関連コンテンツ

プロフィール

千田 琢哉 (せんだ たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって 得た事実とそこで培った知恵を活かし、 “タブーへの挑戦で、次代を創る”をミッションとして執筆活動を行っている。

■E-mail
info@senda-takuya.com

■ホームページ
http://www.senda-takuya.com/

作品紹介

人生を変える、お金の使い方。

cover4c+haku使えば使うほど、ブーメランのようにググッと還ってくる「最強のお金の使い方」を、20代のカリスマ・千田琢哉が大胆コーチ!
定価:1,300円+税/学研プラス


  • よくあるご質問
  • 学研ゼミ
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中


学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP