学研よみものウェブ ほんちゅ!

ホーム ベストセレクション植西 聰『心のそうじ 』セレクション > 第5回 ぐずぐず悩み続けている時に

ベストセレクション

第5回 ぐずぐず悩み続けている時に

◎迷いは締め切りをつくって整理する◎

 悩みごとは、「どうしたらいいのか」と考えているだけでは、なかなかいい結論が見つからないものです。
 こういう場合は、悩みごとに対して「締め切り」を決めることで、マイナスの感情を捨て去ることができます。
 仕事で、「今週の金曜日までに」と言われた時と、「特に急がないのでよろしく」と言われた時では、どちらが「すぐに取りかかろう」と思えるでしょうか?
 おそらく、「金曜日まで」と締め切りを指定された時でしょう。
 この心理を応用して、「この悩みについて考えるのは、ここまで」という期限を自分で設定するのです。
 すると、同じことでウジウジと悩み続けることがなくなります。
 三十五歳のあるOLは、自分の将来について思い悩んでいました。
 大学を卒業してからずっと勤めている今の会社に「このままい続けていいのだろうか」と迷うようになったのです。
 理由は、尊敬する起業家から「私と一緒に仕事してみないか」と声をかけられたからです。
「尊敬する起業家と一緒に働きたい」という思いと、「今の会社は収入や福利厚生の面が安定しているから、辞めるのは恐い」という思いがせめぎ合っている状態です。
 そこで彼女は、「一年後」という締め切りを設定しました。
 一年間は今の会社で仕事に打ち込みながら、起業家の会社についてもリサーチすることにしたのです。
「締め切りを決めてから気持ちがすっきりして、将来のことを現実的に考えられるようになった」と彼女は言っています。
 すぐに結論が出ない悩みでも、締め切りがあれば、心を軽くすることができます。

更新日:2016/1/8

バックナンバー

プロフィール

うえにし あきら

東京都出身。著述家。
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の「成心学」理論を確立し、人々を元気づける著述活動を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。
主な著書に、『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版社)、『平常心のコツ』(自由国民社)、『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房)など。

作品紹介

心のそうじ
心配事と不安が消える88の言葉

201512kokoronosoji_cover人生はシンプルになるほど生きやすい! 人気カウンセラー・植西聰による、心配事や不安が消えて穏やかに生きるためのエッセイ集。
定価:本体1,200円+税/学研プラス
(旧学研パブリッシング)


  • よくあるご質問
  • 学研70周年
  • 学研ゼミ
  • 脳と創造
  • 幸福への近道
  • マララ
  • ムープラス
  • がっけんのえほんやさん
  • フィッテ
  • 学研BookBeyond 電子書籍ストア
  • 新版 生きるヒント
  • 図解 はじめての株訂正箇所一次投票受付中

学研よみものウェブ ほんちゅ!

PAGE TOP